スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フォートナム&メイソン

昨日の日記の続きです。

SAVOYホテルを出てから向かったのはピカデリーサーカス。
トラファルガースクエアーという5万人も収容できる巨大広場を抜けて行きます。




トラファルガー・スクエアとは・・・
ナポレオン率いるフランス=スペイン連合艦隊を、トラファルガー沖の海戦で打ち破り、イギリスを救ったホレーション・ネルソン提督。
その記念に建設された広場です。
広場中央には4頭の巨大なライオンに守られた50メートルの円柱の上に立つネルソン提督の像。
台座にはめ込まれたレリーフには、海戦の名場面が描かれてます。
銅版はナポレオン軍から奪った大砲で作ったものとか。。。
広場の後方にはナショナル・ギャラリーがあります。

詳しくはコチラ 写真も見られます→トラファルガースクエア

ロンドン観光されるなら、ここは見所です。



ピカデリー・サーカスはロンドンで最大の繁華街。
今日の目的は最近改装工事を終えたと話題のフォートナム&メイソンです。
紅茶で有名ですが、ここはデパートなんですよ。
今年、創業300周年という老舗です。

そして、フォートナム&メイソンは厚い板ガラスの発明がされた当時、
世界で初めて厚くて大きなガラスを通して見える商品展示を実践したデパートだそうです。

ここのウィンドウ・ディスプレイはとても素敵なんです♡
去年のテーマは不思議の国のアリスでした。私は実際には見られなかったのですが、友人に写真で見せてもらいました。

先日、こちらで発行してる「ニュースダイジェスト」という日本語のフリーペーパーに特集が組まれていました。
改装された店内の写真や去年のディスプレイ写真もちょっと載ってます。
詳しく知りたい方はコチラ→ニュースダイジェスト


今年は300周年だし、改装したてだし。。。と期待して見にいくと。。。

輝くクリスマスツリー!
F&M1


多くの方が写真撮影してる中をかきわけ、かきわけ(笑)


小さいウィンドウがいくつもあります。
ウィンドウ1つ1つはこんな感じでテーマごとに描かれてます。
F&M2


アップで見ていくと。。。
F&M3


F&M4


F&M5


F&M6



他にもありましたが、私の7年前くらいに買った性能の悪いデジカメでは上手に撮ることができず、残念!
絶対に性能のいいコンパクトカメラを買うと決意しました!!!


今年のテーマは何かな?
創業300周年だからお祭りなのかな。
お人形たちがみんな仮面をつけてました。(つけてないのもいましたが)
仮面舞踏会なのかな?!


とても素敵でした。
この時期はどこのショップのウィンドウ・ディスプレイも凝っていて素敵です。

クリスマスシーズンのヨーロッパは寒いけど、街が綺麗なのでお勧めかな。
(といっても、お散歩を楽しめる春~夏の方が私はお勧めだけど。。。。)


☆★☆★色々な妊婦さんのブログがあります☆★☆★
参考になる情報が多いので良かったらバナーをクリックして見てください。私も参加してます。


にほんブログ村 マタニティーブログへ

にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ


スポンサーサイト
[ 2007/11/26 04:55 ] イギリス情報 | トラックバック(-) | CM(4)

中流階級の親 9月の出産を計画

イギリスの情報誌に
「中流階級の親 9月の出産計画!?」という見出しが躍ってました。


イギリスは日本と違って9月に新学期が始まります。
9月生まれの子供は同じ学年でも7月や8月生まれの子供より、
ほぼ丸一年年長になるため、学校で優秀な成績を修める傾向が強いとされる。。。

だから、学歴志向の高い中流階級の親は9月出産を計画するそう。

調査機関が300万人の子供を対象に、誕生日が子供の将来に及ぼす影響を調べたところ、
誕生日が遅いか早いかは低学年の頃だけでなく、16歳になっても学校の試験結果に大きな影響を及GCSE(中等教育終了資格試験)において少なくとも5科目で好成績をとる割合は、

女子では8月生まれのうち55.2%に対し、9月生まれは60.7%。
男子は44.2%に対し、50.3%。


。。。これってそんなに大差あると感じるのかしら?
幼稚園くらいなら1年の差は大きいと思うけど、中学になったらその子の環境や努力の問題なんじゃないの?って素人は思ってしまいます。

実際、友達を見ても、早生まれの子で頭のいい子は沢山いるし。。。


でも親心なんでしょうね。
少しでもいい環境に子供をおきたい!っていう。。。
イギリスは未だに階級社会だから、中流階級の子の親は上流階級の子が通う寄宿舎(イートン校とか)に入れたがるそう。
そういう学校で上流階級の人たちとのネットワークを持てると
子供の将来に有利と思うみたいです。


日本の場合で考えると、4月生まれが有利ってことだから、
うちのりんは多分5月生まれになると思うので
偶然いい環境なのね。

でも私としては、頭が悪くても、外見が可愛くなくても、
五体満足で笑顔のたえない子であればOKって本当に思います。
健康が一番だもの!



☆★☆★色々な妊婦さんのブログがあります☆★☆★
参考になる情報が多いので良かったらバナーをクリックして見てください。私も参加してます。


にほんブログ村 マタニティーブログへ

にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ

[ 2007/11/12 21:35 ] イギリス情報 | トラックバック(-) | CM(4)

マタニティ・ナースの需要拡大

イギリスの情報誌にこんな記事がありました。



あまりにも疲れ果てて、夜間の授乳に起きることのできない親が増えると共に、新生児の世話に関する諸サービスを提供する「マタニティ・ナース」の需要も飛躍的に拡大していることが、調査の結果明らかになった。




うん?なんだこれは?って思いますよね。


マタニティ・ナースというのは個人的に雇うことができる育児の専門家。
主な仕事は夜間に起きて新生児に授乳したり、母親に母乳による子育てのアドバイスを行ったり、哺乳瓶にミルクを準備したりするほか、乳児の入浴、育児習慣の確立への手助け、洗濯など、多岐にわたるそう。


報酬は、、、、びっくりです。
1日あたり125~200ポンド(約2万5000円~4万円)


何でもこの調査によると、子供の夜泣きで起きない父親は全体の1/3を占める。
起きてもほんのたまにでしかない父親が70%で母親の負担が大きいと。


う~ん、日本もこんなものではないのかなあ???
これは普通の状況では?って私は思うのですが。


日本もこういうサービスあるのかしら?
お手伝いさんを雇うような感じなのかなあ。。。


イギリスは出産後次の日とか2日後には退院させられてしまうのが原因なのかなあ。
日本の病院では1週間くらい母と子の関係を築く時間があるもの。
この1週間の心と体の準備が大きく役立つのかなあと感じました。


にほんブログ村 マタニティーブログへ

にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ


[ 2007/11/06 00:13 ] イギリス情報 | トラックバック(-) | CM(2)
プロフィール

micky

Author:micky
2007年7月旦那さんの仕事の都合でロンドンへ来ました。
そして9月に妊娠が発覚!
初めての妊娠。しかも場所はロンドン。。。
そして、英語を喋れない私。。。
不安でいっぱいです。
でも旦那さんとお腹の中の赤ちゃん(ニックネーム:りん)と頑張ってます。

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
~ランキング~
ブログランキングに登録しました。 良かったらクリックしてください。 ☆励みになります☆
にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ

マタニティに関するブログが色々載っています。 ご興味のある方は是非見てくださいね♪
今日の赤ちゃん

今のりんはこんな感じです♡
My baby comes

ブログ内検索
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。